花咲く。~はんどめいどテイストたっぷりの服たち~

ハンドメイドテイストたっぷりの服をこつこつ作るブログ

実家の父と母   らべんだニットのチュニック

オークション工事中でしたが

昨日 実家に行く約束は違えるわけにいかなかったので

行ってきました。

 

父の病院のつきそいは 二ヶ月に一回。

ちょっと耳が遠くなったので

補聴器をつけているものの

先生の話をよく聞くために ついて行っています。

父は 一人でもいいっ て 毎度 毎度 断られるんだけど

無理矢理ついて行きます。

 

ぼけてはいませんが

耳が遠いと 不思議と看護師さんたちは

大きな声

そして やたら 幼稚なものいいになるのが

ちょっと 違和感を感じます

 

 

ぼけてないのです。

聞こえにくいだけです。

 

 

はっきり大きな声で 言うように心がけると

なんで 小学生に言ってきかせるようになるのかしら。。?

 

 

父はリウマチでほぼ経過観察なんですが

そのリウマチ科の先生に

「肺に影があるようなので 呼吸器系の先生に見てもらいましょう」と

言われた時

肺がん

の言葉が出て どきーんっ としました。

私が ついつい 早口になって

先生と会話をしたのですが 父は平然としてて。

 

診察室から出たあと

 

がん かもしれない と 言われた時の 父の心境やいかに

すごく 心配になっていたら

 

父は 

 

 

 

「肺炎かのう・」

 

 

 

 

けろけろーん。

 

 

 

そのつけてる補聴器 さっさとなおせ。。。。

 

 

 

ぼけているんじゃないんです 決して。

でも ぼけてる場合かいって

つっこみたくなって

あたし つい 

 

 

「肺炎じゃないっ! 肺がん! 

 

  はっ・いっ・がっ・んっ!!!!」

 

て 

 

父の心を心配していたのに 

 

つい 大きな声で 言ってしまいまして

 

周りの人も 振り返って見てました ひぇ

 

 

 

で その結果が 昨日 でまして。

肺がんではなかったです。

ほーーーっ 良かった。。。。

 

数年前 

庭の木の剪定をしていて はしごから落ちて

肋骨を折ったみたいって 高熱を出しても

病院に行かず 家で ひたすら寝て直した結果

肺に炎症が残っていたらしく

そのアトだったそうで

 

 

やれやれ。。。。。ですばい。

 

 

 

 

 

母は 

 

 

バーゲンで買ったらしい ズボンを数枚出してきて

 

 

わたし

 

「えっ いらない いらない わたし いらないよっ」

 

てっきり あたしのも買ってきたって言われると思って

先に言ったら違いました。

 

 

 

 

「裾あげして♪」

 

 

 

 

ええええええ

 

 

 

 

ここで はんどめいど あるあるです

 

 

はんどめいだーは 裾上げとかが 大嫌い。

 

 

 

 

あたしだけですかい?

 

 

さてさて と。 ダークらべんだニットのチュニックです。

 

さくさくっと 画像載せちゃう。

 

f:id:marjoram-marjoram:20180522074901j:plain

f:id:marjoram-marjoram:20180522074937j:plain

ボンド水加工の コサージュ。

レースもぱりぱりにしてみた。

f:id:marjoram-marjoram:20180522075032j:plain

フランスアンティークレースとヴィンテージレースは手縫いでちくちく。

緑の刺繍糸でステッチ。。。

繊細なレースをミシンで がーっ てつけるの

なんか もったいないなーって

思って。。。。

 

f:id:marjoram-marjoram:20180522075217j:plain

このスカートのレース 白に 白レースのアイディアは

去年から むくむく 育っていたの。

 

去年作っていたら セレブなスカートになってたかもしれない。

 

頭の中にある あの セレブスカート 

 

今年は こんなにカジュアルになってしまいまして。

 

でも 着やすいデザインかも♪

 

でもレースいっぱい ココロ浮き立つお洋服かと♪

 

オークション出品中です。

 

 

 

まじょらむ。